乳首の黒ずみスッキリ解消|乳首をピンクにする方法

黒ずんだ乳首をピンク色に!黒ずむ原因と解消法

私の乳首はなぜ黒い?乳首が黒ずむ原因

摩擦や触りずぎによる刺激

乳首はデリケートな部分なのでこれを守るために真皮の部分にメラニンが生成されて色素沈着を起こすのが原因となっています。その刺激は衣服などの摩擦などでも十分に起こってしまうため、合わない下着などを着ていると乳首に悪影響を及ぼすこととなってしまうので注意しましょう。また肌トラブルなどの刺激でも他の箇所よりも影響が出でしまいやすい点にも注意しましょう。

高齢化によるもの

乳首の黒ずみの原因としては高齢化ということも考えられます。高齢化というのは誰にでも訪れるために、乳首の黒ずみの原因としては分かりやすいものとなっています。高齢化によって肌のターンオーバーが減速してしまい、その結果として古い角質細胞とメラニン色素が一緒に残ってしまうことで乳首の黒ずみが表れます。一方でメラミン色素の生成自体も高齢化で減少するため、段々黒ずみはまたピンク色に自然と戻ることもあります。

妊娠・出産によるホルモンバランスの崩れ

妊娠や出産を経験すると女性ホルモンのバランスが変化するのは当然ですが、これが影響して乳首にも表れることがあります。妊娠4週間あたりから変化が表れてくることが多く、乳首が敏感になったり段々と茶色くなったり黒ずんだりしてくることも多いそうです。また妊娠20週あたりからはエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが増加していきますが、こちらの乳首の黒ずみの原因となっています。

遺伝のため、生まれつき黒い人も

生まれつきそうである人も多く、それは遺伝的なものが原因だと言われています。ただし赤ちゃんの時代から黒ずんでいることは稀でありまして、多くの人はその時代には小麦色をした乳首であったということで、それが次第に成長していく上で段々と黒ずんできてしまったというケースとなるみたいです。当然ですがメラニン色素ができやすい性質が遺伝したことが原因となっています。

紫外線の影響のによるもの

メラニン色素は黒ずみの元凶です。当然としてメラニン色素は紫外線から引き起こされることになるので、乳首も例外ではありません。過度の日焼けなどは当然ダメな原因なのですが、たとえ衣服を着ていても透過してしまう性質が紫外線にはあるので、なるべく夏などは紫外線対策をしておくのがいいでしょう。

生活習慣の乱れから

乳首の黒ずみの原因としては生活習慣の乱れが影響していることがありますが、これは女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが大きな原因となっています。この女性ホルモンのバランスが崩れることによって正常な肌のターンオーバーが遅くなってしまうことや、ストレスなどに敏感に乳首のが反応したり刺激になってしまって、それでメラニン色素が残ってしまうため黒ずみになってしまうのです。

メラニン色素を減らす代表的な3つの方法

1.紫外線対策

紫外線は、短時間浴びただけでも、数日後には肌が黒くなることがあります。紫外線対策を怠ると、確角質が硬くなりメラノサイトを活性化させて黒ずみの原因となります。
だからといって、乳首に日焼け止めクリームを塗るのは論外です。乳首にとって日焼け止めクリームは、刺激が強過ぎますのでお勧めしません。
メラニンは、目から得た情報だけで生成されると言われていますので、陽射しが強い時に外出する時は、紫外線防止効果のあるサングラスをかけるとよいでしょう。サングラスは、色の濃いものを選ぶと、瞳孔が開いて紫外線を吸収しやすくなるとされていますので、色の薄いサングラスがお勧めです。

2.美容外科での治療

早く確実に乳首の黒ずみをキレイにしたいといった場合には、美容整形外科でのトレチノインやハイドロキノンを使った治療や、レーザーによる色素沈着の除去といった方法があります。トレチノインは、肌のターンオーバーを促進してメラニン色素を薄くしていく効果があります。1か月〜2か月後にはキレイな色になると言われています。

3.野菜や果物の摂取

出来てしまった色素沈着には、ビタミンCが多く含まれている食べ物が一番です。ビタミンCは、メラニンの素となるチロシンが黒く変化するのを助けるチナシローゼの働きを阻害し、メラニンの色素沈着を防ぐ効果があります。但し、ビタミンCが多く含まれている果物や野菜の中には、ソラレンという、紫外線を吸収しやすくなる成分が含まれています。しかも、その効果は食べてから約7時間も持続します。ですから、果物を食べる場合は、食後など夜に食べましょう。

黒ずみ解消に効果的な成分

自宅でケアする場合は、安心して乳首に使用することが出来る成分を使いたいですよね。

ヨクイニン

ヨクイニンは、ハトムギで作られているビタミンCたっぷりのエキスです。お茶や化粧品、サプリメントなど色々な方法で、ヨクイニンを使用することが出来ます。自然由来の成分なので、安心して使用することができます。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど、美白成分が多く含まれています。しかも、若返りのホルモンと言われているパロチンの効果で、肌のターンオーバーを促進することができるんです。ローヤルゼリー配合のクリームなら、ビタミンCも含まれていますので、乳首のケアに最適です。

プラセンタ

プラセンタは、メラニン色素の生成を抑える作用と、皮膚の黒化現象を防ぐ効果そして、出来てしまったメラニンの排泄を促す効果がありますので、乳首のケアに適しています。プラセンタ配合のクリームの他に、サプリメントを摂取することで、ホルモンバランスが整って、肌のターンオーバーを整える効果も期待出来ます。

ビタミンC誘導体

デリケートで壊れやすいビタミンCよりも、安定した効果で肌に素早く浸透してくれるビタミンC誘導体は、乳首のケアにぴったりです。しかし、ビタミンCはレモンが酸っぱいように刺激が強い成分です。乳首のケアで私用する場合は、ビタミンC誘導体が配合された保湿クリームなどを選ぶようにしましょう。

黒い乳首の人とピンクの乳首の違い

薬

女性で乳首が黒い人がいると思いますが、コンプレックスになっている人が多いのです。しかし、乳首は同姓同士でもなかなか相談しづらいのが現状です。乳首が黒くなるのには理由がありますが、その理由を紹介します。
乳首が黒ずむのは、加齢によって肌の新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが低下する事が原因の1つです。また、皮膚は外部からの刺激を受ける事で皮膚を守ろうとする働きが起こり、黒ずむ場合もあります。このどちらにも共通して言えることは、乳首の黒ずみはメラニンの色素沈着が影響しているという事です。また、日本人のほとんどが茶色の乳首なのでピンク色の方がまれです。
肌が白い人と黒い人がいるように、乳首の色はある程度生まれてきたときにきまっています。あるときから急に黒ずんできたという場合は、何かしらの理由があるのですが、小さい頃から茶色または黒いという人は元々という場合があるので仕方がありません。しかし、女性は乳首がピンク色になるのに憧れているので少しでも色がピンクくなる方が嬉しいです。ですので、ピンク色になる方法を試してみると良いです。

乳首はどうすればピンクになる?

薬

遺伝と言われてしまえばある程度仕方のないことかもしれませんが、適切なケアを行えばある程度改善する事が出来るので、その方法を紹介します。
黒ずみの原因はメラニンの色素が関係しています。ですので、メラニン色素の沈着を防ぐケアを取り入れる事がケアのポイントとなります。
まずは、ピーリングですが、お肌用のものも販売されていますが、刺激が強すぎるので必ず、乳首用のものにしましょう。また、メラニン色素の働きを弱める美白クリームもあるのでそれも効果的です。これもバスト専用のものを使用してください。
このように、ある程度改善する方法があるので試してみると良いです。その中でもクリームやジェルの方が手軽なので改善方法としては一番オススメです。もし、乳首の黒ずみで悩んでいる人は是非試してみる事をオススメします。