トレチノインとハイドロキノンは乳首の黒ずみ解消に効果的?

k_tretinoin01

トレチノインとハイドロキノンとはどんなもの?その特徴

トレチノインとは、シミやシワ、ニキビの効果のある塗り薬になっています。肌の角質をはがす効果があり、その上で、皮脂の過剰分泌を抑え、コラーゲンを増やす効果を期待する事ができる事から、効果があると言われているのです。
ハイドロキノンにおいては、非常に強い漂泊作用を持っている塗り薬になっています。その為、肌の漂白剤とも言われており、シミや黒ずみを消してくれる効果を期待する事が可能になっています。
これら2つの薬においては、基本的に医師の指導の下で使用する事が望ましい、非常に強い薬になっています。
その為、個人の判断ではなく医師の判断の上、使用する事でトラブルなどを起こすことなく使用する事ができる薬になっています。

乳首の黒ずみに使用した場合の効果

乳首の黒ずみの原因は、主に体内で自然に生成されたメラニンと言う色素成分の沈着によるものになってきます。その為、乳首の黒ずみが気になる場合、肌の角質をはがす効果があるトレチノインの使用や、漂泊成分の高いハイドロキノンの使用が効果的だと言われています。
その為、黒ずみの解消において、よく使用されているのがトレチノインとハイドロキノンです。
トレチノインの場合、使い方の注意としては、皮膚炎の発症があります。それでは、せっかくの黒ずみ対策に使用しても、また、新たな黒ずみを作りかねません。その為、ハイドロキノンの方が効果を期待する事ができるとも言われていますが、この場合も過剰に塗ってしまうと危険です。その為、自分の肌の様子を確認しながら使用する事で、皮膚炎などを起こすことなく、乳首の黒ずみ除去を成功させる事も可能になってきます。
しかし、ハイドロキノンの場合、効果を実感する為には、長期的な使用が必要です。

皮膚科で治療する場合と自分でする場合の違い

医師

トレチノインとハイドロキノンを使用し、皮膚科で治療する場合と自分でする場合の大きな違いは2つ。
まず、1つ目が医師の指導の下で行う事ができるかの有無になってきます。トレチノインとハイドロキノン両方、非常に強い塗り薬になっています。塗り薬の場合、軽視しやすい部分もありますが、誤った使い方を行う事で、肌に大きな傷跡を残してしまう事も考えられるのです。
そして、もう一つが費用の違いについてです。皮膚科に受診した場合、もちろん、診察費用が薬代に加算される事になります。反対に個人輸入などで薬を手に入れた場合、この診察費用は必要なくなってきます。その為、費用の事を考えた場合、皮膚科に行かない方が治療費を抑える事ができると言う事になってくるのです。安全性を取るか、費用をとるか、よく考えて決めましょう。